学校長挨拶


平成14年4月に、看護専門学校と准看護専門学院を統合し、別府市医師会看護専門学校に、内容を充実させて看護学科・准看護学科を設置いたしました。教育の原点に戻って、学生に目的意識を確実に定着させ、マナーを教導し、先輩・後輩の関係を密にし、全校一丸となって、やさしい心遣いを持ち、人の痛みのわかる、信頼される看護師・准看護師を多数育成して、市民の健康維持・増進に貢献し、社会の要望に応えています。
また、ここで育って良かった、ここを卒業して良かった、そんな想い出が残る学校を目指して職員一同努力しております。


学校の沿革

昭和30年10月地域医療の担い手の育成を目指し、別府市医師会別府准看護婦養成所開設。
昭和39年に別府市医師会立別府准看護学校と改称。
昭和51年4月地域の看護師需要の要請に応じ、大分県医師会立別府高等看護学院開設、同時に
専修学校の認可を受ける。
また、別府准看護学校も専修学校としての認可を受け、昭和52年別府市医師会立
別府准看護専門学院に校名変更。
昭和63年4月設置主体変更により、新たに別府市医師会立別府高等看護学院として発足、
平成11年カリキュラム改正に伴い別府市医師会看護専門学校に校名変更。
平成14年4月准看護教育カリキュラム改正に従い、両校を統合して別府市医師会看護専門学校
准看護学科・看護学科とする。両学科の教育の連携を深めて教育効果を上げ、より
質の高い准看護師・看護師の育成を目指している。
平成30年4月現在、准看護学科卒業生約4,040名、看護学科卒業生約1,718名。
多くの卒業生は地域医療の担い手として活躍している。
平成30年度は、准看護学科創立63年並びに看護学科創立42周年を迎える。

理念

生命尊重と人間愛の精神を基盤として、専門職業人としての使命感・倫理観を持ち、科学的根拠に基づいた看護を探求し安全に実践できる能力を養うとともに、社会に貢献できる豊かな感性と人間性を備えた人材を育成する。

目的

本学校は、看護師・准看護師に必要な専門的知識・技術・精神を修得させ、地域に貢献できる看護師・准看護師を育成することを目的とする。

特徴

  1. 働きながら学び、国家試験・資格試験受験の資格が得られる。
  2. 宿泊研修や体験学習、また情報科学等の学習を多く取り入れ、豊かな人間性の育成や最新の医療・看護についての習得に力を注いでいる。
  3. 臨地実習は、別府市内の国立病院機構の病院、公立病院や私的病医院、福祉施設、訪問看護ステーション等の優れた指導者のもとで行われ、内容も充実している。
  4. 緑の繁る自然味豊かで閑静な学校区に位置し、JR別府駅より徒歩5分、県北・県南方面からの通学が容易である。
  5. 看護学科・准看護学科ともに、推薦入試制度を設けている。また、准看護学科では社会経験が豊富な学生を多く受け入れる為に、社会人入学制度を設けている。
ページのトップへ戻る