地域福祉

理念・概要

住みなれた地域で自分らしく暮らす為に・・・
住みなれた地域で生活することを支えるためには、医療・介護にまたがる様々な支援が必要です。在宅医療を提供する機関等の連携拠点として地域の医師・歯科医師・薬剤師・看護職員・ケアマネージャーなどの多職種協働による在宅医療の支援体制を構築し、地域における包括的かつ継続的な在宅医療の提供を目指します。

業務紹介

訪問看護ステーション
 専門の看護師が、かかりつけ医の指示で訪問し、治療方針に沿って病状に合わせた看護をします。

居宅介護支援センター
 ケアマネージャーがご自宅に伺い、介護保険の申請や更新の手続きを代行します。

ヘルパーステーション
 ホームヘルパーがご自宅に訪問し、ケアプランに沿って日常生活の援助や介護を行います。

在宅医療連携拠点事業
 医療と介護の協働・多職種の構築と実施拠点となる基盤の整備を目的とした事業です

さぁ、自宅へ帰ろう!私たちがお手伝いします。

⇒自宅で受けられるサービスがどんなものがありますか?どこにありますか?
⇒介護保険と医療保険とどう違いますか?
⇒在宅医療って何?0歳からでも利用出来ますか。
⇒お薬を届けてくれたり、歯科医が来てくれたり、看護師、ヘルパーが来てくれたり、
 デイサービスやデイケアいろいろ知りたい!
⇒退院したらかかりつけの医師がいない、夜中に悪くなったらどうしよう!
⇒退院したら一人暮らしだから生活できるか不安生活の手伝いをしてほしい。
⇒退院が近いけどどのような準備をしたら良いですか?手続きはありますか?

こんな場合でお困りな時は『別府市医師会 地域福祉部門』へお電話ください!
お問い合わせはこちらから。











 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 別府市医師会 All Rights Reserved.