追加オプション検査

追加オプションのご案内

当センターで各健康診断を受診された方は、オプション検査を追加していただくことが可能です。ご自身の生活習慣や気になる病気に合わせた検査を追加していただくことで、病気の早期発見・予防へとつながります。
検査の詳しい内容や料金についてはお気軽にお問い合わせください。

血液オプション検査について

検査名 説明
血液セット検査 ・貧血(赤血球・血色素)
・脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
・肝機能(GOP・GPT・r-GTP)
・血糖(空腹時血糖)
※上記4項目の血液検査を行います。
尿酸値 血中に含まれるプリン体の化合物である尿酸の値がわかります。
高値は痛風を発症する危険があります。
HbA1c 過去 1~ 2ヵ月間の血糖の平均値がわかります。
高値は糖尿病の疑いがあります。
総コレステロール 血液中に含まれるすべてのコレステロールを測定した総量値がわかります。高値は動脈硬化の危険があり、低値は肝臓の異常が考えられます。
貧血検査 血色素・赤血球数・ヘマトクリットの検査を行います。
貧血の疑いがないかを調べます。
肝炎検査 HBs抗原・HCV抗体の検査を行います。
B型肝炎とC型肝炎の疑いがないかを調べます。
血液型検査 ABO・Rh型についての検査を行い、血液型を特定します。
ヘリコピロリ抗体 ピロリ菌の感染は胃潰瘍や胃がんの発生に関与していると言われています。ピロリ菌感染の可能性を検査します。
ペプシノーゲン 萎縮性胃炎を調べる検査です。
萎縮性胃炎は、将来胃がんになりやすいリスクの一つです。
LDH 広く体内各臓器に分布する酵素です。肝、血液疾患などの指標となります。
PSA 前立腺癌や前立腺肥大などを示唆する腫瘍マーカーとして検査します。
血清アルブミン アルブミンは代表的なタンパク質の一つで栄養状態の指標になります。

婦人科オプション検診について

検査名 説明
乳がん検査 マンモグラフィ(乳房のエックス線撮影)、視触診の検査を行います。
子宮がん検査 子宮口からとった粘膜の細胞診の検査を行います。

※婦人科検診は指定日のみの実施になりますので、詳しくは当センターへお問い合わせ下さい。

目・耳オプション検査について

検査名 説明
視力・聴力検査 視力・聴力の測定を行います。
眼底検査 眼底写真により主に血管の状態を観察します。高血圧や動脈硬化の進行度、糖尿病網膜症の診断に、また種類によりますが眼科疾患の発見にも役立ちます。
眼圧検査 緑内障(眼圧の上昇する障害)の診断に欠かせない検査です。眼球の固さを測定することで、眼球の内圧の変化を調べます。

便検査オプション検査について

検査名 説明
免疫便潜血反応検査
(2回法)
二日分の便を採取していただき、便中に出血がないかを調べる検査です。
大腸がんの早期発見を目的としています。
微生物学検査 赤痢菌・サルモネラ・腸チフス菌・パラチフス菌・腸管出血性大腸菌等の
細菌感染の有無を調べます。

その他オプション検査について

検査名 説明
腹部超音波検査 腹部に超音波をあてて検査します。肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓などの腹部のさまざまな異常を知ることができます。
頸部超音波検査 頭への循環をつかさどる重要な頸動脈に超音波をあて動脈の側面、断面を検査し動脈硬化の進行度を観察します。
血圧脈波検査
(血管年齢)
両腕・両足の血圧と脈波を測定し、血管の硬さや狭窄の程度を調べる検査です。また、血圧と脈波から血管年齢を推測することができます。
肺機能検査
(肺年齢)
1秒間に吐ける息の量から肺年齢を推測します。呼吸器疾患の早期発見、また喫煙が原因とされるCOPD(閉塞性肺疾患)の早期診断に役立ちます。
体組成検査
(体年齢)
お手軽に体脂肪、内臓脂肪や基礎代謝、また筋肉量や骨量など、体組成を測定する検査です。
また、体組成や基礎代謝等を基準に体内年齢を推測することができます。
喀痰検査
(喀痰細胞診検査)
痰を3日間採取していただき、痰の中に癌細胞や結核菌が含まれてないかを調べる検査です。
骨密度検査 骨粗しょう症の検査です。足のかかとに超音波をあて骨量を測定します。
心電図検査 心臓の筋肉が拡張と収縮を繰り返すときる微弱な電流を発生します。
その電流の変化を波形グラフに記録し、心臓に異常がないかを調べる検査です。










 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 別府市医師会 All Rights Reserved.