感染症・インフルエンザ発生状況

別府市内の感染症とインフルエンザの各発生状況を下記に掲載しています。

感染症発生状況

今年の感染症の発生状況を掲載しています。ご覧になるには下記のボタンをクリックしてください。
感染症状況

インフルエンザ発生状況

インフルエンザは、例年12月~3月の冬季に流行し、毎年全国で数多くの方が発症しています。
別府市の現在の発生状況は、下記の各ボタンをクリックすると確認できます。
日別 世代別 校区毎の累計

校区毎の発生状況

症状

頭痛、鼻水など風邪とよく似た症状のほか、突然の38~39度を超える発熱や関節痛など全身の症状を伴うのが特徴です。

医療機関での受診について

インフルエンザの検査は、通常発熱から12時間経過しないと正確な結果が出ないといわれています。
インフルエンザを疑うような症状(38度以上の高熱・悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状など)が出た場合は、48時間以内に医療機関を受診して下さい。

予防・感染防止

インフルエンザにかからないためには予防接種を受けることが最も有効であり、万一かかっても症状が軽くなる効果もあります。
インフルエンザの予防のため、流行する前(できるだけ11月まで)に、多くの方が予防接種を受けられることをお勧めします。

注意事項

(1)十分な栄養と休養をとる
(2)人混みを避けるようにする
(3)室内の乾燥に気をつける
(4)マスクの着用
(5)手洗いとうがいの励行

外部サイト

【インフルエンザに関する総説、インフルエンザQ&A等】
  国立感染症情報センター(http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flu.html)

【MLインフルエンザ流行前線情報DB】
  国立感染症情報センター(http://ml-flu.children.jp/)











 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 別府市医師会 All Rights Reserved.