在宅医療連携拠点事業

在宅医療連携拠点事業とは?

お歳を取っても、病気になっても住みなれた地域で自分らしく暮らす為に・・・
住みなれた地域で生活することを支えるためには、医療・介護にまたがる様々な支援が必要です。在宅医療を提供する機関等の連携拠点として地域の医師・歯科医師・薬剤師・看護職員・ケアマネージャーなどの多職種協働による在宅医療の支援体制を構築し、地域における包括的かつ継続的な在宅医療の提供を目指します。

相談窓口業務

医療から介護へ、介護から医療への連携
●別府市にお住まいの皆さまから、医療介護に関係したご相談や相談内容に基づいた支援
●医療機関からの退院に基づいた支援
●福祉施設からの医療に関する相談・助言

他機関・多職種との連携

他事業所・多職種との連携、サービス提供体制づくり
●医療・福祉・介護の多様な社会資源についての情報提供、情報冊子連携ガイド作成
●在宅医療提供体制の構築に向けて、職種を超えた話し合いの企画・開催(交流会・名刺交換会など)
●各職種の連絡・調整・調整会議の開催と支援

研修会・学習会の企画と開催支援

医療・介護サービスの質の向上とスムーズな連携を目指して
●医療・福祉・介護に携わる多職種が一堂に会する研修会や学習会を開催(スキルUP研修)
●医師会・保健所・別府市等と連携した各種研修会の開催支援
●各種の研修会の企画・開催支援

地域にお住まいの皆様へ医療と・介護を知っていただくために

活動名活動内容
【勉強会】地区の公民館等で、医療・介護について勉強会を開催し、利用の仕方などをご紹介します。
【PR活動】医療・介護についてパンフレットやチラシを作ってPR活動をします。
【その他】地区の座談会の開催のご要望にお応えします。










 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 別府市医師会 All Rights Reserved.